暗号通貨とちょっとFX、先物のブログ

暗号通貨とFXのブログでございます。暗号通貨運用してます。FXは専業目指しています。よろしくおねがいします!暗号通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、ネム、ドージ、ステラ、UBQ、COMSA、イーサリアム、トークン3種類、運用してます。

2017年10月

どーもテッシーです。

今回はビットコインです。

前回の記事でメトロノームのことですが12月にプレセール開始でイーサリアムで購入可能みたいです

詳しい内容が分かり次第また記事にします。

Galaxy S5は前使ってましたw
すごいマイニング使うなんて発想はなかったですねw
てことはS6だともっと台数少なく行ける?w

写真 (3)


画像は引用させてもらいました。

Samsungから2014年にリリースされたGalaxy S5、本来の目的を終えたあと、ビットコインの発掘専用端末に使用。
なんか台数が集まれば、40台のS5を専用OSで立ち上げ、ビットコインのマイニングをしているのができるみたいです。
注目したいのは、これSamsung公式のやってみたプロジェクトであるということ。Samsungでは、古いスマートフォンを新しく生まれ変わらせようというアイディア「Upcycling」をスタート。今回のマイニング・マシンは、その一環として作られたもの。
40台なくても、Galaxy S5が8台集まれば、一般的なデスクトップよりも効率的にマイニングできるとのこと。

今のスマホならなんでもできますね。あとスマホで漫画も書けますからね!
この元記事はこちら

ウォーレン・バフェット氏がビットコインに発言


アメリカの著名な投資家ウォーレン・バフェット氏が、10月中旬に同氏の故郷であるネブラスカ州オマハで開催されたセッションでビットコインについて触れ、ビットコインは「バブル」であると発言した。

バフェット氏はセッションの中で「ビットコインを評価することはできない、なぜならビットコインは価値を生み出す資産ではないからだ」と発言している。

アメリカではJPモルガンのCEOであるダイモン氏が9月12日にビットコイン市場について「バブル」だと発言した後で、投資家が次々にビットコインに対して厳しいコメントを出している。

一方で、ゴールドマン・サックスでは投資家へのニーズに応えるべく仮想通貨取引の支援を検討していることが10月初旬に報道されている。またバフェット氏とともに三大投資家といわれるアメリカのビル・ミラー氏は、ビットコインをイノベーションとして高く評価し、積極的に投資を行っていることを公言する。

世界一の投資家さんは厳しいですねw逆に言うとビットコインに注目してるw
興味ない投資家さんはごろごろいますからね。

電子書籍よろしくお願いします!






応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもテッシーです。



昨日の為替は月曜日なんであんまり動かないと思ってましたが、ドル円が米国時間でドルが売られる展開になりました。

ドル円はやってないですが、ユロ円とユロドルとオジ円をエントリーしてました。

単純に得意なチャートパターンだったので入りました。ユロドルはショートでエントリーして利が乗ったのでゼロで逆指値を入れときました。

見事に戻りそうだったんで10pipsで利確しました。その後がっつり買いが入ってきて逃げて正解でした。
ユロ円とオジ円で40pips取りました。合計50pipsでした。

負けないトレードをルールするこれ重要ですね。

さて今回は暗号通貨のことです。
ビットコインを支えるシステム「ブロックチェーン」の開発を支援した少数の主要な開発者の1人、ジェフ・ガージクは、その欠点についても真っ先に気づいていた。そこで同氏は、より優れたデジタル通貨を生み出そうと決意した。
新興企業ブロック(Bloq)の共同創設者であるガージクは、同社が開発した通貨「Metronome(メトロノーム)」について、異なるブロックチェーン間でやり取りできる初めての通貨だと述べる。
たとえば、「Ethereum(イーサリアム)」ブロックチェーン上のアプリケーションで使用される通貨を「Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)」に移してから、ビットコインのブロックチェーンにつながる「Qtum(クアンタム)」や「Rootstock(ルートストック)」に移動できるようになるとガージクは言う。


移動可能なので、開発者間の内紛や利用の低迷によってブロックチェーンが消滅しても、Metronomeの保有者は所有財産をほかのブロックチェーンに移すことができる。通貨が価値を維持し、長く使用されるのに役立つはずだとガージクは電話でのインタビューで語った。


ブロックの共同創設者で、業界団体「Chamber of Digital Commerce」の会長でもあるマシュー・ローザックは「機関投資家は、こうした通貨を見て大興奮するはずだ。1000年間通用する暗号通貨が開発された」と語る。


多くのデジタル通貨には、上述したような懸念がある。開発者と各支持者間の内紛やブロックチェーン強化の遅れも影響し、ビットコインの利用はこれまで限定的だった。ビットコインとその主要な競合通貨であるEthereumはいずれも、いくつかのバージョンに分裂している。
新たなブロックチェーンも毎月登場し、投資家から見て先行き不透明な状況になっているため、多くの暗号通貨の価格が乱高下している。


「コインマーケットキャップ・ドットコム(CoinMarketCap)」によると、ビットコインの価格は2017年に6倍近く上昇しているが、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュは7月に誕生して以来、価格が23%低下しているという。
Metronomeはこうした問題の一部を回避することを目指しているが、独自の問題もいくつか抱えることになるだろう。

ビットコインの月間アクティブユーザー数が3500万人であるのに対し、Metronomeはユーザー数ゼロからスタートすることになる。コインマーケットキャップ・ドットコムによれば、1100を超えるトークンや通貨が、ユーザーの争奪戦を繰り広げている。
法人に開発者用ツールを提供
Metronomeは、Ethereum上でまず発行される。Ethereum Classicやほかのブロックチェーンのサポートについては数カ月以内に行われる見込みだ。
Metronomeのコインの作成・サポートは誰も監督せず、変更もできない自律型の配布ソフトウェアによって行われる。このソフトウェアは12月からMetronomeをオークションにかけ、その収益を保持・利用して通貨の価値を引き上げる。


プロジェクトのその他の部分はオープンソース化されるので、誰もがMetronomeを念頭に置いてアプリケーションを開発できる。ブロックは、法人ユーザーに対して開発者用ツールを提供する。
この暗号通貨の作成・宣伝に協力したブロックらは、12月にオークションにかけられる最初の1000万Metronomeコインのうち200万コインを保有する。24時間おきに、新たに2880コインが供給量に追加される。

現在、あるブロックチェーン(たとえばビットコイン)から別のブロックチェーンに移行したい消費者は、オンライン取引所にアクセスし、ビットコインを売却してから、別の暗号通貨を購入しなければならない。
取引手数料が掛かるうえに、売却通貨の値上がりで損をするリスクもある。新暗号通貨のMetronomeなら、こうした問題は生じない。

Metronomeの保有者はブロックチェーンからコインを引き上げる際にデジタルレシートを受け取り、別のブロックチェーンにそのレシートを送って、そこでMetronomeを追加できる。
Metronomeなら、定期的なサブスクリプション支払いを申し込むのが容易になり、多くの支払いを1回で送信できるとガージクは言う。「白紙の状態であれば、私ならそう設計する」。ほかの者が同じ意見かどうかは、これから判明することになる。

メトロノーム面白そうですね!僕は注目したいと思います。

電子書籍もよろしくお願いします!





応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもテッシーです。

今回はビットコインキャッシュですね。

1枚もってますが、完全に放置してましたがここに来て値上がりしてきました。

僕は完全に興味なかったですがハードフォークするとなると無視できません。

てゆうかハードフォーク多すぎw

11月13日にやるみたいです。また分裂でコインもらえるキャンペーンで大衆のみなさんは群がりそうですけど
チャートとか見てると投資素人の人がいるのがわかります。
ビットコインもそうですが。

開発に関るBitprim.orgのフワン・ガラバグリア氏によると試験版Difficulty Adjustment Algorithmはすでに良い結果を残しているため、将来のアップグレードにより取引遅延など、多くの問題解決につながるかもしれません。

また過去数週間にわたりビットコインキャッシュネットワーク内の『Difficulty Adjustment Algorithm』は注目の話題となっています。一部情報源によると、デベロッパーが開発中のハードフォークプロトコルは来月13日に予定されているようです。

News.Bitcoin.com社はこの話題についてガラバグリア氏と手短に対談し、彼はデベロッパーのアマウリー・セシェット氏、トム・ハーディング氏、ニール・ブース氏は案を提出したと話します。さらにガラバグリア氏は複数の『Difficulty Adjustment Algorithms:DAA(採掘難易度調整アルゴリズム)』を試している最中だと述べました。現時点ではBCCネットワーク内でうまく機能するDAAがありません。

ビットコインキャッシュDAAは本来の目的は果たしていますが、その副作用はビットコインキャッシュを傷つけています。とガラバグリア氏は説明します。複数の案を開発、コーディング、試用しています。

デベロッパーグループ内ではたくさんの討論が行われ、我々のチームは最適なプロトコルを試していて、我々の見解ではビットコインキャッシュネットワークでアップグレードが行われるとみています。
ガラバグリア氏によるとフォーク関連の討論は長い間行われていて、フォーク実行のタイミングはSegwit2xフォークとは全く関係ないと述べます。

この時期になれば物事は確定されると予想されていましたが、それらフォークに関連性はありません。ソリューションはすでにコード化され、試されています。早ければ数日後に実行されるBitcoin ABCのリリースで、内容は確定されます。現時点で我々チームはBitcoin ABCバイナリーと修正されたDAAアルゴリズムを使い本来のノードとハッシュレートをテストネットで作動しています。とガラバグリア氏は言います。

我々は高度なハッシュ力(95%のような)を挿抜し、どのようにDifficultyが新しいノードに対応するかを観察しました。さらに新しいアルゴリズムの個人デベロッパーは彼ら独自のシミュレーションを行い、異なるシナリオに合わせて試験しています。

現行版Bitcoin Cash DAAよりもずっと有能か

BCCコミュニティの討議はDAAアップグレード発表を支持しているようです。多くのBCC支持者はDAA固定は最優先だと強く述べ、すでにプロトコルのdifficultyアルゴリズム固定に協力しています。ガラバグリア氏は全ての試用版アルゴリズムは現行版より優れていると言います。

『今のところ、全て現行版Bitcoin Cash DAAよりもずっと優れ、「ターボブロック問題」は昔ほどひどくなく、より早く修正されます。我々はBitcoin ABCがさらに自信を持って最新版ソフトウェア発表をできるように、今後数日間試験続行を楽しみにしています。』とガラバグリア氏は最後に言いました。


とにかくハードフォーク祭りがこれから始まります。

とても危険なニオイがしますが、でも暗号通貨は面白いです。


ちょろちょろ売れてきました。電子書籍よろしくお願いします!!






応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもテッシーです。

今回はXRPのことです。


SBIホールディングス、XRPへの期待
SBIホールディングスが XRPについて肯定的であるのを見るのは良いことです。この資産の価値は取引所で操作されているが、銀行はより大きな絵を見る。私たちが話しているように、この技術とデジタル資産を容易に探索している数十の銀行があります。この通貨は、銀行システム全体に革命を起こすように設計されていることが明らかです。それは決して容易なことではありませんが、確かにデジタル資産で可能です。

このポジティブな姿勢がXRPの価値に反映されるかどうかは、まだ分かりません。SBIホールディングスはすぐにこの資産の使用を中止するつもりはない。リップルはまだ他の多くの銀行を説得する必要があることは明らかです。結局のところ、XRPは銀行業界の本来のデジタル資産になることはありません。これまでのところ、物事はうまく進んでいます。しかし、少なくともこれまで言及されていることは、まだたくさんの作業があります。

XRPを使ってトランザクションを完了させるだけで意味があります。それは、グローバル規模で新しい支払いゲートウェイを開きます。これは、異なる機関間の事前の合意がなくても達成することができます。この資産をもう無視する理由はありません。これはBitcoinのようなものではありません。これはこの業界ではポジティブなことです。Rippleとそのネイティブ資産にとって良いことが起こっています。この潮流は徐々にこのブロックチェーン企業に有利になっています。SBIホールディングスは多くのパートナーのひとりです。 

とのことです。

北尾さんもサトシナカモトと会話したと言ってるみたいですが、本当なんですかね?w

まあ大手の社長が嘘をつくわけないですが、これが仮にまじならめちゃくちゃすごいですが北尾さんいわくサトシナカモトは日本人じゃないみたいですよ。

もしかしてサトシナカモトっていうプロジェクトチームみたいなものがあって
そのなかの一人と会話したみたいな。

もう一つは完全に騙されているかw
真相はわかりませんがSBIは期待できますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin






応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもテッシーです。

今回はビットコインのことです。




「誰もが常に控えめな姿勢をとることを考えています」とElement Groupの最高経営責任者Stan Miroshnikは述べています。

Bitcoinの基盤となるネットワークは、11月の大規模なソフトウェアアップグレードを経て取引速度を高め、コストを削減する予定ですが、中断を招く可能性もあります。投資家は他のデジタル通貨からの資金をビットコインへと安全にシフトし、資金をシフトさせています。なぜなら、通常、不確実な時代には流動性が高いからです。

Element Groupのサイトです。


Elementって?デジタルトークン資本市場向けのフルサービス投資銀行だそうです。

こんなんあるのなんかしらんかったですわ。

ビットコインが史上最高値を記録する中、新興企業が売却した資本を増やすために販売した多数のトークンの価格が暴落している。Bletchley Ethereum Token Indexは先月、16%近く下がった。Digital Asset Researchの上級アナリスト、Lucas Nuzzi氏によると、ソフトウェアの切り替えにより、トークンに投資された金額の約10%はすでに流出しているという。

これは、提供を計画している多くの企業にとって失礼な目覚めを意味する可能性があります。CoinScheduleによると、先月64から11月に75のICOがすでに予定されているという。

画像はブルームバーグから引用

ブルームバーグ



バーチャル商品トレーダーWaxなどの一部の企業は、ソフトウェア変更のためにICOのタイミングを調整しています。結局のところ、多くの製品はビットコインを使って資金を調達しており、投資家はそれらを分け合わずにいます。業界用語でハードフォークとして知られているこのスイッチは、他の混乱につながる可能性もあります。有力なオンライン取引所であるCoinbaseは、アップグレード前の24時間、ビットコインの売買を中止する予定です。

「フォークは不確実なものに満ちている」とワコール社のマルコム・カスセル社長は10月17日に1週間前に売り出しを開始したと述べた。

コンピュータをネットワークでサポートしているMinersは、SegWit2xと呼ばれる変更をサポートするかどうかに分かれています。そうすれば、トランザクション時間が遅くなるなどのその他の問題が発生する可能性があります。

「市場はフォークがスムーズに進むと考えているようだ」と、暗号ヘッジファンド Multicoin Capitalのマネージングパートナであるカイル・サマニ氏は語った。「物事が余りに悪くなった場合、市場全体に波及するか、ビットコイン/イーサリアムへの主要な飛行を見ることができる」と述べた。イーサは、ビットコインの後で市場価値において2番目に大きい暗号化である。


一部の投資家は、分割がさらに利益をもたらすことを願って、ビットコインを倍増さえしている。ネットワークを実行しているすべてのコンピュータが新しいソフトウェアに切り替えるわけではないため、それぞれが独自のバージョンの通貨を実行する2つの競合するネットワークが現れます。ビットコインの持ち主は両方のコインを手に入れます。

日本人も多いと思いますね。

もうすぐですがイーサのイベントが11月頭から4日間あります。

今ビットコイン持つよりイーサの方が断然いいと思います。

電子書籍よろしくお願いします!!







いつもありがとう!応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ