暗号通貨とちょっとFX、先物のブログ

暗号通貨とFXのブログでございます。暗号通貨運用してます。FXは専業目指しています。よろしくおねがいします!暗号通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、ネム、ドージ、ステラ、UBQ、COMSA、イーサリアム、トークン3種類、運用してます。

こんばんは^^テッシーです。

今日は暗号通貨の未来のことを書いていきます。

仮想通貨は「商品、物」から「通貨」の時代へ。もしかしたら給料や年金が仮想通貨で支払われる将来もあるかもです。



まずは「法定通貨」と「仮想通貨」についてからお話しましょう…

2016年4月27日の衆議院財務金融委員会において、麻生太郎財務大臣は以下の内容の答弁をしており、このことから、政府はビットコインを消費税の課税対象として取り扱うとしています。

つまり仮想通貨は
・ 商品
・ 物
と定義されました。

麻生さんが仮想通貨について言ってましたw

公式サイトから引用しました。


マウントゴックスという話でスタートが何となくイメージが悪くなっちゃっているのが残念なところではあろうかと思いますけれど、

ビットコインというようないわゆる仮想通貨と言われるものについては、現行の消費税法からいきますと、これは非課税として限定列挙されております支払い手段というものは、

御存じのように法定通貨とか小切手とか、そういったような物品切手に該当しませんので、課税対象になるということになるんだと思っております。
大臣の答弁に出てくる「法定通貨」とは何でしょう

「法定通貨(Legal tender)」とは金銭債務などの弁済手段として強制力を持つ通貨と定義されています。「法貨」とも呼ばれます。

強制力とは、契約が成立した後にその通貨による決済を拒絶できないということです。

レストランでの会計の場合

レストラン側はドル紙幣の受け取りは拒否できますが、日本円での受け取りは拒否できないということです。

ちなみに、硬貨の場合、強制力を持つのは同一硬貨20枚までとされています。たとえば、全部1円玉での支払いは店側は拒否することができます。

100円の商品を購入する際に使える1円玉は20枚までで、残りは別の硬貨行う必要があります。店が受け取りを承認すれば別ですよ。

「仮想通貨」の法的定義

ビットコインを含む仮想通貨は「資金決済に関する法律(資金決済法)」において法的に定義づけられています。
・商品やサービスを購入する際に決済に利用できる

・不特定者に対して購入・売却を行える資産である

・仮想通貨取扱事業者を用いて移転することができる
仮想通貨は決済手段として利用できることはもちろん、為替のように仮想通貨自体を取引できる資産であると定義づけられました。

ただ、法定通貨としては認められていません。強制力はないということですね。ビットコインなどの仮想通貨でしか支払わないと主張しても、それは通らないということです。

平成29年度税制改正において

「仮想通貨に係る課税関係の見直し」を実施することが決定されました。これによれば仮想通貨の譲渡において消費税が非課税となります。

この非課税化は2017年7月1日以降に日本の事業者が行う仮想通貨の譲渡や課税仕入から適用されることになっています。

仮想通貨は「商品、物」から「通貨」に




この間はすごく短いということがポイントです。麻生財務大臣が「物」と定義してから1年しか経っていないのに、もう「通貨・貨幣」になったのです。

それだけ仮想通貨の広がりが急であり、社会において仮想通貨の存在感が急速に増していると言えます。


法改正で、仮想通貨取引所は登録制に
仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせることになります。

「仮想通貨交換業」は、内閣総理大臣の登録を受けた者(仮想通貨交換業者)でなければ行うことは許されません(改正資金決済法63条の2)。

無登録で「仮想通貨交換業」を行った者や、不正の手段により登録を受けた者に対しては、
「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処し、またはこれを併科する」
ことになります(改正資金決済法107条2号、5号)。

利用者保護やマネーロンダリングの観点から、登録制になったようです。


具体的に、仮想通貨の決済方法を見てみましょう
ビットコインという言葉はよく耳にされるでしょう。仮想通貨の中でもっとも流通量が多いのがビットコイン(bitcoin)です。

仮想通貨は投資目的でも取引されていて、ビットコインの価格変動のさや取りで利益を得ることができます。

2017年4月での時価総額(通貨の値段×出回っている通貨の量)順位では
1位 ビットコイン
2位 イーサリアム
3位 リップル
4位 ライトコイン
5位 ダッシュ
となっています。このカタカナの名前がそれぞれ仮想通貨なのです。

仮想通貨は「ブリッジ通貨」

法定通貨(いわゆる私たちがいつも使っている通貨)と交換する仮想通貨は、極端に言えばなんでもいいわけです。それは仮想通貨は、法定通貨間の橋渡しをする「ブリッジ通貨」だからです。

ただ仮想通貨を取り扱う取引所の信用は重要です。マウントゴックスの例もありますからね。取引所ごとの
・ 特徴
・ 換金の方法
・ 手数料等
比較することは良いことだと思います。

現状では、ビットコインを取り扱うお店が多いようですね。




「取引所」と言っても…

東京証券取引所のようなものがあるのではありません。イメージではFX取引口座とかネット証券口座のようなものを開くところという感じ、取引所と呼ばれるところは民間会社です。

株取引きだと、証券会社はあくまでも仲介業者で、あくまでも東京証券取引所に上場されている株式を売買することになります。

仮想通貨のやりとりは、仮想通貨を取り扱う口座を開いた会社とのやり取りだけで、その先に取扱市場があるわけではありません。

この直接やり取りする会社を「取扱市場」と呼んでいるのです。まったくの民間会社です。

自分の口座を開設

アカウントを開設し、自分の口座を開きます。この口座を「ウォレット」と表現しています。財布の英語表記ですね。このウォレット間でお金のやり取りをします。

投資もこの「ウォレット」で行います。投資も仮想通貨の売買ですから、決済とやり方は同じです。

今後、仮想通貨コンサルタントなる人が現れるかもしれません。仮想通貨ポータルサイト、手数料比較サイトもできてくるかもしれませんね。

仮想通貨の送金

仮想通貨の送金は、メールを送る感覚に似ています。メールと同じ瞬時に相手の口座(ウォレット)に仮想通貨を送ることができます。

受け取った側は、それを取引所でその国の通貨に換金できます。


さあ仮想通貨でお買い物をしてみましょう
仮想通貨で買い物もできます。

日本ではビックカメラでビットコインが使えます。クリニックでの診察費用として支払えるところもありますし、ホテルの宿泊費をビットコインで支払うこともできます。レストランの精算にも使えるところはあります。だんだん増えてきましたね。



商品やサービス提供側が、仮想通貨での受け取りを許可しているところであれば、通常の紙幣やクレジットカードのように精算することができます。








ビットコインで入金できるようになりました。これにより、数百万点の店で間接的にビットコインが使えるようになりました。

お店のレジにモニターやタブレット端末があり、そこに精算内容がインプットされたQRコードが表示されます。

スマートフォンで仮想通貨アプリ、たとえばビットコインならビットコイン取引アプリを起動してQRコードにかざすだけで、精算は終了です。

仮想通貨の価値は日々変化する

レートによって、必要なコイン量が変わってきます。

レートが下がっているときに仮想通貨を買って、レートが上がっているときに使えばお得です。

それを苦とみるのか楽しみと思うのか、儲かると思うのかは人それぞれですが、私たちは価格変動にはなれていく必要があります。

これからの金融においては、変動は受け入れなければならなくなってくると思います。

口座開設は、スマートフォンのアプリからもできます。証券口座を開くのと同じような感じです。


仮想通貨を日本円に換金
ビットコインを日本円に換金する方法は複数ありますが、最もおすすめな方法は仮想通貨取引所(または仮想通貨交換所)を利用することです。

日本には複数の仮想通貨取引所や仮想通貨交換所があるので、それらのウェブサイトにアカウントを開設し、あなたの銀行口座を登録しておきます。

さきほどのお店で精算するために口座を開いたところで日本円に換金することができます。

ウォレットを作るのも、海外送金するのも、投資をするのも、一つの取引所で口座を開くことで可能になります。

ビットコインの国内最大の取引所はビットフライヤーで、ここの口座を開いておけば、お店での精算や投資、換金が可能になります。





仮想通貨が普及することで見える、その先にキャッシュレス社会
世の中からキャッシュをなくす、その目的はマネーロンダリングへの対応であり、偽札流通による地下社会への資金源を遮断することにあります。

インドでは偽札対策として高額紙幣を無効にしましたし、欧州やアメリカでも高額単位紙幣の発行を見直す検討がなされています。

電子マネーやプリペイドの普及に力を入れています。携帯電話やスマートフォンがあればお財布を持ち歩かなくても買い物ができますからね。

そういえば、最近銀行はやたらデビットカードを勧めていませんか

1,000円未満お買物は、クレジットカードでは利用しづらいがデビットカードならお財布代わりで気軽に使えるという感覚なのでしょうか。

店側も、手数料から考えると、クレジットカードの機械を入れるよりも、ビットコイン決済をしたほうが安く済みます。クレジットカードの未来が危ういのではないでしょうかね。

LINE-Payのシステムも、三井住友銀行という既存の銀行が発行体ということで仮想通貨とは根本が違いますが、送金の簡素化を実現したシステムと言えます。

紙幣はなくなる??




キャッシュレス社会と言っても、普段の生活におけるお金のやり取りにおいてであり、世の中から紙幣がなくなるという話ではないでしょうが、いずれ電子マネーですべての商取引が行われることになると思います。

それこそ給料や年金はビットコインで支払われることになるかなとおもいます。

アフィリエイトのアクセストレード

楽天カードでポイント生活はじめよう!



にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。

ここまで読んでくださった方ありがとうございました。今日はこの辺で失礼します。ツイッターやってます。フォローしてやってください^^




仮想通貨パート20へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもテッシーです。

さて次はイーサ、ステラ、ドージです。

まずは画像です。
イーサから

screenshot_20170604-142109 (1)






イーサに関しては変わらずですね。これからもっとあがるかなと思ってます。
トヨタが提携してるんでね^^


次にドージとステラ(通貨名ルーメンですね。)

画像です^^

screenshot_20170604-145109 (5)




取引所はクラーケンですね。
ルーメンに関してリップルが動くと合わせて動いているような、、、、、ww


利益はでているので様子見で放置です^^

次にドージなのですが、最近意味わからん動きをしましてねw
画像見たほうがわかりやすいですね。

screenshot_20170602-125731 (1)




これ意味わかりませんw円換算だと0.32円からいっきに4円ブチ抜いてきましたねw

なにかのバグとかだと思いますがwでまた0.32~0.35でふらふらしてますね。
まあこいつも利益になっているので放置です。

そろそろなにか動きがほしいもんです。
日本だとミスターリップルで買えるのかな?ただあそこはぜってー使わないのでw
対応がダメでしたね。残念です。

ここまで読んでくださった方ありがとうございました。
今日はこの辺で失礼します。ツイッターやってます。フォローしてやってください^^





Kamome Internet






にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。



ソムリエアットギフトのお歳暮ギフト特集




仮想通貨パート19へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはテッシーです。

続きましてモナーコインとビットコインです。
まずは画像です。

screenshot_20170604-142237 (2)






資産的にはビット今のレート、モナーは7万ぐらいですね。

この辺に関してはとくには心配してないですね。ビットはリップルの儲かった部分から抜いただけなんで前の記事で書いたコインチェックからzaifにぶっこんだんで^^

マネパカードあるからですね^^でも最近はコインチェックでも提携してるカードが出てるみたいです。
バンドルカードですね。提携してるみたいでマネパみたいにすぐ作れるみたいです。

詳しくはここでhttps://vandle.jp/

モナーもそろそろ進展がほしいですね。日本発祥なんでね。コンビ二決済とか使えればいいっすよね^^

がんばれモナーっっっっ!

モナーはここで買えます^^




Zaif

ここまで読んでくださった方ありがとうございました。今日はこの辺で失礼します。ツイッターやってます。フォローしてやってください^^



いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24










にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします^^





返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)


仮想通貨パート18へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはテッシーです。

最近のリップルの資産報告しますねー

画像乗っけます。

screenshot_20170604-142006 (1)




資産は減りましたね。

ビットコインがほしかったのでかえました。一万リップルをビットに替えました。
約30万円分すね^^

ビットをコインチェックからzaifに移して運用してます。



なぜかというとマネパカードがあるんですね^^リップル下がるタイミングで替えました。
残りのXRPは放置ですね。てゆうかまた1円台まで下げてくれればいいと思ってます。w


しかしこんなに好材料があるのになぜあがらないんでしょうかね(-_-;)

前のカンファではがっくりでした。


イーサはあんなに爆上げしたのに、、、、、、



てことで6月のリップルのイベントあるみたいなので書きます。

もう過ぎてしまったけど6月1日、2日にあったみたいです。

Blockchain Expo Europe 6/1-2
Interledger Workshop 6/1
MoneyConf 6/6-7
EBAday 6/20-21
Money20/20 Europe 6/26-28

いちよこれだけあるみたいです。

1日、2日少しあがりましたね。今さがりましたけど。


7月にはSBIがくるんでどうなるんでしょ^^長い目でみてます^^


リップルここで買えます^^


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ここまで読んでくださった方ありがとうございました。今日はこの辺で失礼します。ツイッターやってます。フォローしてやってください^^




にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします^^

返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)




仮想通貨パート17へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは^^テッシーです。
最近また上がってきましたね。特にイーサリアムがすごいねw

名だたる企業が参戦してきてますからね。これから楽しみですね。
一万突っ込んで16万ぐらいになってますね^^
昨日トヨタ金沢中央店の情報は嘘でしたねw

店から正式にコメントあったみたいです。

ツイッターは変な情報ばっかやなw

てかもう新聞とかテレビとか暗号通貨のニュースバンバン出てもいいと思うのですが?
どう思います?w

もっと盛り上がろっ!w

さて今日は気になるニュースがありました。
僕も使ってるコインチェックのニュースです。
コインチェック株式会社提供する決済サービス「Coincheck Payment」を、株式会社デュアルタップ(代表取締役社長:臼井貴弘、東証JASDAQ上場)子会社 株式会社Dualtap Property Managementへ導入。東京都内で運営する不動産仲介店舗「D-style+(ディースタイルプラス)秋葉原店」にて、仲介手数料のビットコイン決済を開始する。おぉおぉおおおおお!!!!
また、この取り組みにより仮想通貨決済の運用実績を増やし、将来的に不動産販売事業での仮想通貨決済を目指すみたいです。

これはいいよね^^コンビニ、航空、次は不動産、ほかにもありますが。
いいっすね^^











あと世界各国で仮想通貨が著しく普及していく中、日本国内においても資金決済法が改正され、仮想通貨による取引の安全性が確保されることが期待されています。ふむふむ。


株式会社デュアルタップは、アジア諸国の投資家に自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」の分譲を行ってきた実績があり、不動産売買における仮想通貨決済においてもいち早く検討を開始しております。
ジーベックってなんだw

今後仮想通貨決済の信頼性・安全性が高まることを前提とし、将来的に不動産販売事業での仮想通貨決済を目指し、子会社 株式会社Dualtap Property Managementの不動産仲介事業でビットコインによる決済を開始致します。また、広義的な仮想通貨の普及と相互発展を目指し、株式会社デュアルタップと情報交換を図って参ります。

6月1日現状

写真






からのぉおおおお

将来的には


写真 (1)







楽しみですね^^コインチェック通して不動産売買ができるとは、すごいね!

提携する会社乗っけます。
【株式会社デュアルタップ】(東証JASDAQ上場) http://www.dualtap.co.jp/
自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」の企画、開発、分譲が主力事業。東京23区内かつ駅徒歩10分以内を基本条件とした投資用物件の開発を行い、国内外の個人を主要顧客として販売活動を行っております。その他、賃貸管理事業や所有不動産の賃貸によるストック型事業、東南アジア諸国を拠点とした海外不動産事業などを推進しております。「資産としての不動産」という視点を明確に、不動産を通じてお客様の笑顔を創造して参ります。

参考に^^

ここでイーサ含め11通貨円から買えます。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
将来に向けて準備しましょ^^
ここまで読んでくださった方ありがとうございます^^ツイッターやってます。



FXの検証と勉強しよー
失礼します^^


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)




仮想通貨パート16へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ