暗号通貨とちょっとFX、先物のブログ

暗号通貨とFXのブログでございます。暗号通貨運用してます。FXは専業目指しています。よろしくおねがいします!暗号通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、ネム、ドージ、ステラ、UBQ、COMSA、イーサリアム、トークン3種類、運用してます。

はいみなさんこんにちは。人間が一日に必要な水の量は体重を30で割った数。(60なら2リットル)どーもテッシーです。

はい今回ですね。ルールができたそうです。


まあ単純にマネロン対策だと思いますが。

まず財務省は、6月には仮想通貨の海外送金に関係する法令(外国為替法)を改正する予定です。


改正後は、仮想通貨を海外に送金した時のレートで累計額を計算し、金額が3,000万円であった時には財務省に申告する義務が課されます。



具体的には、実際に支払いを行なった日の仮想通貨交換事業者の相場をもとに、現金の価値に換算して財務省に報告する必要があるか否かを判断することになります。

例えば、1ビットコインあたり80万円前後で取引されている時に、その日の内に40ビットコインを支払った場合には、3,000万円を超えることとなるため、財務省に報告する義務が発生します。



それとビットコイン(BTC)などの主要通貨だけでなく、全てのアルトコインに対しても適用されます。


参考になる相場がないような知名度の低い仮想通貨で支払った場合には、仮想通貨間で取引できるビットコインなどの主な仮想通貨の相場を参考に3,000万円を超えるか否かを判断することも認められています。


じゃ逆に海外の取引所から送金したらどうなるの?w

例えばずっと放置してあった草コインが爆上げして億りました。
当然円に替えたい場合はビットコインかなんかに替えて送金しなければいけないですよね?
(まあその時にその草コインが日本の取引所で扱ってれば別ですが)

まあどちらにせよその時にビットコインかなんかに替えたら完全に課税対象にされるわけですよ。
結局円にしないといけませんねw話してたらキリがないですがw




やっぱ申告分課税にしてください(-_-;)

まあこうゆうルールが出来てくるのは、日本が暗号通貨に寛大なんでしょうかねw

これからいろんなルールが出来そうですね。


てことでバンクエラ配当きました。

スクリーンショット (26)



今回はこんな感じです。さあそろそろ上場の日が知りたいですね。

まあバンクエラは色々動いているので楽しみですね。



以上


電子書籍よろしくお願いします!!






noteはじめました!



応援よろしくお願いします!!オナシャス!


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング






このエントリーをはてなブックマークに追加

はいみなさんこんにちは。タラバガニはカニではなく、ヤドカリ。どーもテッシーです。



はい今回ですね。ネムです。



NEMがブロックチェーンエンジンの大型アップデートバージョンである「カタパルト」(mijin v.2)のβ版を二年半の開発を経てローンチしたと発表しました。

ついにきましたね!

カタパルトでは、Aggregated Transactionsと呼ばれる機能が搭載され、該当する当事者のマルチシグが完結した場合に、複数のトランザクションが一括で実行可能になります。

このような技術は、ブロックチェーン上で実現されてこなかったスマートコントラクトを応用した新技術であり、ブロックチェーンの機能性を大幅に向上させると見られています。

具体的には、スケーラビリティ問題(ブロックサイズ問題)の解決と処理速度の向上などが期待できます。


NEM.io財団のロンウォン(Lon Wong)社長は、「Catapultブロックチェインの新しいテクノロジープラットフォームは、主流のエンタープライズおよび組織インフラストラクチャの将来標準であると考えており、Tech Bureauとパートナーシップを組んで誇りに思っています。Catapultは、NEM Blockchainの単なる改良以上のものです。

とのことです。


参考記事です。


公式です。





値上がりは別にしてこれから楽しみですね。


以上


電子書籍よろしくお願いします!!






noteはじめました!


応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

はいみなさんこんにちは。エイプリルフールの日って別にいらなくね?どーもテッシーです。


はい今回ですね。配当きました。


スクリーンショット (25)



今回はこんな感じです。


最近の暗号通貨相場ですが、ビットコインも80万割ってどんどん下がってますね。

といってもそのうち上がってくると思うのであまり心配してません。

こうゆう時は他に目を向ければええと思います。


最近買ったコインでNANJコイン買いましたね。激安だったのでいっぱい買いましたw

なんで買ったのかと言うとホリエモンのメルマガで紹介されてました。で、すぐ調べて面白そうなんで買いましたね。

まあラッキーだったのですが買ってすぐ爆上げしましたね。こうゆう草コインでもワンチャンありますね。100万とか入れてた人はビットコイン換算で約3000万ぐらいになってる人もいましたね。



公式です。



このコインのロードマップですが、


2018年1月: NANJトークン生成、先行無料配布実施
2018年2~3月: 海外取引所へ上場
2018年中: 大手海外取引所へ上場
2019年中: スポーツ事業支援、個人選手への寄付機能実現
最終目標: 「野球チーム」の買収

とのことです。

NANJとは?

NANJCOINはERC223規格に準拠した日本初のEthereumトークンです。スポーツをもっと楽しむというテーマのもと、スポーツに関連する決済手段として提携先を拡大していきます。

普通に買い物をするよりもお得になったり、特典があったりといった状況を実現します。また、資金繰りに困るスポーツ選手や団体、例えば国内で支持層の少ないスポーツや地域のスポーツクラブなどへの寄付が手軽にできるようなシステムを構築します。



公式から引用しました。

買える取引所はコインエクスチェンジでかえますね。バイナンスからビットコイン送金して買いましたね。今ビットコイン混んでないのですぐ送金されました。



コインエクスチェンジの公式です。

ここは草コインいっぱいありますね。

リップルの時もそうでしたが、ちゃんと調べて誰も買わないようなやつそして将来的に期待できるやつ買えばいいと思いますよ。当時買った時リップルは0.8円だったのでね。しかもXRPなんか上がるわけないやんとか言われてましたからね。


てことで今は下げ下げ相場ですが、個人的に今年は上がるスピードは去年よりポテンシャル高いと思ってます。

仕込むなら仕込みましょう。


以上


電子書籍よろしくお願いします!!







noteはじめました!



応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

応援よろしくおねがいします。








このエントリーをはてなブックマークに追加

はいみなさんこんにちは。SNSでしょうもないポエムみたいなこと言ってる女子誰もあなたに興味ありませんよ。気づきましょう。どーもテッシーです。



はい今回ですね。COMSAですよ!


久しぶりですね!テンション上がってますね!

COMSAに関して、ずっと下がってきて元気がない感じです。

1983年に創業したスイスの高級腕時計ブランドであるChronoswiss社が、COMSAプラットフォーム上でICO実施を検討開始とのことです。


COMSAプラットフォーム上でのICOはクリプトマイニングジャパンやLooop、プレミアムウォーターもICOを検討していますが、まだ未定な感じですね。

にしても決定ではないのでまだわかりませんね。

ままでもいいニュースじゃないですか!


色々ある中でCOMSAを選んだことがまずプラスなんでね。


クロノスイスの公式です。

あと限定で時計も販売されるみたいですね。


<クリプトデザイン限定コレクション(全5種)各101本を限定販売>

Bitcoin – the currency (BTC)
NEM – the harvest (XEM)
Ethereum – the contract (ETH)
Zaif – the exchange (ZAIF)
COMSA – the token (CMS:ETH、CMS:XEM)
<製品特徴>
世界最上級の品質を保ち続けるスイス腕時計メーカー「Chronoswiss社」から、仮想通貨ファンの心を揺り動かす、その比類なき美学と気品の結晶となる限定コレクション。

精巧な職人技
頑丈なステンレススチールケース
サテン仕上げされ光沢があり、滑らかに磨かれた外装
それぞれの仮想通貨を表象するロゴデザイン入り
洗練された2種類の高品質デザイン
<販売個数>
各シリーズ 限定101個

<オークション開始時期>
2018年4月13日(金)〜4月27日(金)を予定しております(日本時間)


まあ時計に興味ないのでいりませんがwあとデザインがかっこいいかは別にしてICOぜひしてほしいですねw


詳細です。



カタパルトも始動してきてテックビューローは色々言われてますが、頑張ってほしいですね。

以上

いつもありがとうございます。


電子書籍よろしくお願いします!!






noteはじめました!



応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

はいみなさんこんにちは。ユーチューバー草なぎとはいったい何だったのか?どーもテッシーです。


はい今回ですね。リップルネタです。

リップル社CEOガーリングハウス氏が中国進出はすぐそこまで来ており、不可能ではないと発言すでに中国の送金事業者は導入済みらしいです。

中国の銀行や決済業者は国際送金をより良くするためにxCurrentを導入予定と報道したみたいです。



中国政府は2017年11月にICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)の禁止を発表した。ICOの禁止によって、中国で暗号通貨が流通する方法はなくなった。


中国政府は国内での法定通貨と暗号通貨の交換も禁止した。これにより、中国国民は外貨獲得の方法を完全に断たれた。言い換えれば、中国は暗号通貨にとって理想的な国ではなくなったと言うことだ。

近いうちに中国が再開するニュースはあったのでそこも絡めて行くのかなと思ってますね。



中国の銀行、監督機関、決済業者は、国際送金を容易にするためにリップル・ブロックチェーンを利用予定でリップル社のxCurrentを使用して、国内の支払いインフラストラクチャを改善する予定とのことだ。

xCurrentの使用により、金融機関は国際決済を数秒で完了できるようになる。従来の技術を利用して中国金融機関が国際決済を行う場合には、決済完了までに数日かかる。


xCurrentの利用は、中国ビジネスに革命を起こすと言っても過言ではないだろう。

xCurrentはリップルのプロダクトですね。3つありますね。

xCurrent:金融機関とRippleNetを接続するためのソリューション
xRapid:XRP通貨を利用し、新興国市場への支払いにおける流動性コストを最小限にするためのソリューション
xVia:一般企業とRippleNetを接続し、請求書などの豊富な送金情報を送信するためのソリューション



また、リップル社は声明で2018年末までに中国でブロックチェーンを拡大する計画があると述べている。実際に支払処理に関連する様々な試行が行われている。

リップル社の役員によれば、今年中に中国に関する発表が続くそうだ。役員は、中国でのRipple(リップル)採用により他の暗号通貨とRipple / XRP(リップル)の違いが顕著になるだろうとも述べている。中国の暗号通貨に対する規制が厳しいことがその理由だ。

さらに、リップル社は中国市場に入り込むための努力を行っている。XRP(リップル)は他の暗号通貨とは大きく異なる、と同社は中国規制当局の説得を続けている。

リップル社役員はまた、様々な銀行や決済代行会社との試験使用を行っていることにも言及した。リップル社は先月、中国の送金会社LianLian社と提携した。LianLian社はxCurrentを国際決済に使用している。

Ripple(リップル)は暗号通貨であるだけでなく決済ソリューションであるため、生き残る可能性が高い。Ripple(リップル)は銀行や金融機関に簡単で信頼性の高い国際決済ソリューションを提供しているのだ。

ここで1つの疑問がわいてくる。リップル社が中国進出に成功するかどうかだ。この疑問に対しては、リップル社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏が回答している。同氏は、中国進出はすぐそこまで来ており、不可能ではないと述べている。

もしリップル社が中国で成功したいのなら、阿里巴巴集団と提携するべきだろう。中国にとっての阿里巴巴集団は、アメリカにとってのアマゾンのような存在で、リップル社が中国で成功するには欠かせないパートナーだ。


以上

電子書籍よろしくお願いします!!





noteはじめました!


応援よろしくお願いします!!ポチポチお願いします!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ